診療報酬/介護報酬サロン

回答者 酒井 麻由美

株式会社 ヘルスケア経営研究所 副所長

ヘルスケア経営研究所は、医療機関や介護施設の経営改善、新たな事業展開の支援、レセプト診断(算定漏れ)、市場調査(マーケティング)、職員研修(診療報酬、介護報酬、管理者研修、広告・広報など)、地域連携戦略策定支援などを行っている会社です。
また、有効かつ効率的な会議の進め方、部下と上司のコミュニケーション力の強化、統計資料の作成方法、各部門別の業務改善など現場に即した指導も力を入れています。

現場の職員が診療報酬、介護報酬を知ることで知識が高まり、福祉サービス発展にもつながります。診療報酬、介護報酬についてのさまざまな疑問にお答えいたします。

複数のキーワードを指定する場合は、キーワードを半角カンマで区切って指定して下さい。
スペースで区切って入力すると、複数キーワード検索になりません。

人気の質問

新着の質問

■ 2016 / 09 / 16 入院基本料/特定入院料
地域包括ケア病棟の在宅復帰率において、再入院を除外とありますがこの再入院とは 3ヶ月以内の入院をさすといわれましたが、病棟でなく、同病院に3ヶ月以内に入院すればすべて対象外となるのでしょうか。 たとえば、別の疾患でも3ヶ月以内の入院なら再入院という事になるのでしょうか。 病名が違えば再入院といえるのかわからなくなりました。看護師で再入院まで把握するのが難しいのえ単純に3ヶ月以内は入院してはならないのか、考え方が知りたいです。 [MF00087]
■ 2016 / 09 / 16 精神科専門療法
精神科作業療法を行っていますが、作業療法室まで自力で来ることができない患者様を対象に、病棟に出向いて作業療法を行いたいと考えています。このような場合、精神科作業療法として算定できるものでしょうか?また面積基準などはどう考えれば良いでしょうか?病棟(作業療法を行う場所)を作業療法に使用するという届出が必要になるのでしょうか?[MF00086]
■ 2016 / 09 / 08 入院基本料等加算
施設基準にある褥瘡対策についてです。 褥瘡対策委員会は開催されていることが好ましい。褥瘡対策チームがあり計画立案もチームでするとあります。当院に褥瘡対策チームがないのでつくるのですが、構成員を専任の医師と専任の看護職員だけでもチームとして厚生局に届け出て認められるのでしょうか。また、ラウンドが必須なのでしょうか。[MF00085]
■ 2016 / 09 / 08 処置/手術
創傷処置や皮膚科軟膏処置を行う場合の薬剤の算定についてです。 1日使用量で算定を行っていますが、薬剤料が15円未満で算定できない場合が多くあります。 これを1日単位でなく、薬剤の払い出し単位(1本とか50gなど)で算定することは違法となるでしょうか?[MF00084]
■ 2016 / 09 / 05 その他
認知症ケア加算が開始になりましたが、認知症高齢者の日常生活自立度を活用しながら判定しています。入院患者さんはほぼADL全介助の方が多いので認知症レベルⅢa~bになるのですが、なんらかの認知症症状はあるが、問題行動を伴うことはない患者の判定は本当にこれでよいのでしょうか? (認知症高齢者の日常生活自立度判定基準を活用して判断してよいのでしょうか)[MF00083]

もっと見る